このような方のみご購入下さい!
大化け銘柄や暴騰銘柄
ストップ高銘柄を
事前に知る力をつけたい方
スローな投資で莫大な利益を
勝ち取りたい方
今までの投資法や投資商材に
うんざりしている方・・・等々

[ 投資バイブル ] の売買シグナルの具体例

まず、ご覧になる前の注意点です。

「↑」は「買いシグナル」、「↓」は「売りシグナル」ですが、チャート上の全て のシグナルに印をつけているわけではありません。

つまり、チャート上の主要なシグナルにのみ印をつけているだけで、他にもシグナルはあるということです。

ただし、買いシグナルと売りシグナルは、順張り・逆張りの両方だけでなく、新規・仕切(手仕舞い)の両方を含みますので、ご注意下さい。

また、買いシグナルの中には買い増しポイント、売りシグナルの中には売り増しポイントなども含まれますので、併せてご注意下さい。

以上を踏まえた上で、チャートをご覧下さい。

[ 投資バイブル ] の売買シグナルの具体例 (注:PDFファイルです。具体例についてはプリントアウト不可とさせていただいております。もちろん、ご購入後のPDFファイルは 全てプリントアウト可能です。また、お手数ですが、PDFファイルが閲覧できるかどうかの確認にも、同時にご利用ください。もし、閲覧できなければ、Adobe Readerのダウンロードおよびインストールを 、お願いいたします。最新版は「8.0」です。できれば最新版が望ましいですが、少なくともAdobe Reader 5.0以上での閲覧をお願いいたします。)

具体例には以下のチャートを使用しております。


1、FX
→[ EUR/USD・日足 ]、[ GBP/JPY・2時間足 ]、[ ドル指数・1986〜1987年の週足 ]。

2、商品先物
→[ NY原油(期近)・日足 ]、[ 東京ガソリン(先限)・60分足 ]、[ 東京ゴム(先限)・1950年〜1960年代の月足 ]。

3、日経225先物・株式
→[ 日経225平均・30分足 ]、[ サッポロホールディングス・日足 ]、[ 日経225平均・1970年〜1971年の週足 ]。


20年〜50年前の古いチャートもありますが、[ 投資バイブル ] の狙い(目的)で申し上げた「1、市場を選ばない、国を選ばない、時代に影響されない [ 正攻法 ] のメカニカルなテクニカル分析をマスターしていただく。」、および「2、 [ 正攻法 ] で、着実に長期間の資産運用ができ、市場を選ばない、国を選ばない、時代に影響されない [ 真の投資力 ] を身につける。」の2つの中で申し上げた、「時代に影響されない」というのを証明するために使用しております。

売買シグナルの具体例は以上ですが、どうでしょうか?

私のテクニックであれば、いつもではないですが、「底付近で買って→天井付近で売る」、逆に「天井付近で売って→底付近で買う」こ ともできるというのがお分かりになったのではないでしょうか?

本書を読めば、売買方法の全てが分かります。
まず、ご覧になる前の注意点です。

「↑」は「買いシグナル」、「↓」は「売りシグナル」ですが、チャート上の全て のシグナルに印をつけているわけではありません。

つまり、チャート上の主要なシグナルにのみ印をつけているだけで、他にもシグナルはあるということです。

ただし、買いシグナルと売りシグナルは、順張り・逆張りの両方だけでなく、新規・仕切(手仕舞い)の両方を含みますので、ご注意下さい。

また、買いシグナルの中には買い増しポイント、売りシグナルの中には売り増しポイントなども含まれますので、併せてご注意下さい。

以上を踏まえた上で、チャートをご覧下さい。

[ 投資バイブル ] の売買シグナルの具体例 (注:PDFファイルです。具体例についてはプリントアウト不可とさせていただいております。もちろん、ご購入後のPDFファイルは 全てプリントアウト可能です。また、お手数ですが、PDFファイルが閲覧できるかどうかの確認にも、同時にご利用ください。もし、閲覧できなければ、Adobe Readerのダウンロードおよびインストールを 、お願いいたします。最新版は「8.0」です。できれば最新版が望ましいですが、少なくともAdobe Reader 5.0以上での閲覧をお願いいたします。)

具体例には以下のチャートを使用しております。


1、FX
→[ EUR/USD・日足 ]、[ GBP/JPY・2時間足 ]、[ ドル指数・1986〜1987年の週足 ]。

2、商品先物
→[ NY原油(期近)・日足 ]、[ 東京ガソリン(先限)・60分足 ]、[ 東京ゴム(先限)・1950年〜1960年代の月足 ]。

3、日経225先物・株式
→[ 日経225平均・30分足 ]、[ サッポロホールディングス・日足 ]、[ 日経225平均・1970年〜1971年の週足 ]。


20年〜50年前の古いチャートもありますが、[ 投資バイブル ] の狙い(目的)で申し上げた「1、市場を選ばない、国を選ばない、時代に影響されない [ 正攻法 ] のメカニカルなテクニカル分析をマスターしていただく。」、および「2、 [ 正攻法 ] で、着実に長期間の資産運用ができ、市場を選ばない、国を選ばない、時代に影響されない [ 真の投資力 ] を身につける。」の2つの中で申し上げた、「時代に影響されない」というのを証明するために使用しております。

売買シグナルの具体例は以上ですが、どうでしょうか?

私のテクニックであれば、いつもではないですが、「底付近で買って→天井付近で売る」、逆に「天井付近で売って→底付近で買う」こ ともできるというのがお分かりになったのではないでしょうか?

本書を読めば、売買方法の全てが分かります。



先物取引入門・・・詳しくはこちら!

インフォカートと無料ブログで稼ぐ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。